up

ホーム サービス サイトマップ お問い合わせ
構造用集成材・合板の減圧加圧試験/スチーミング繰返試験が可能
(日本農林規格)
合板・集成材向け
減圧・加圧・スチーミングテスター
TOPC series

line up:TOPC-305Ⅲ

 ■ 本製品の特長 / 機能
減圧加圧試験/スチーミング試験が可能なマルチタイプ
日本農林規格の構造用集成材や合板を減圧加圧試験及びスチーミング繰り返し試験の2種類が実施可能なマルチタイプ。従来の連続煮沸試験に対し大幅な時間短縮が可能となりました。ステンレス製缶体・アイボルト方式のフタ締付・圧力安全弁・ヒーター過熱防止・加圧防止装置などを採用、安全性の向上を目指しています。
 ■ 製品仕様
減圧・加圧・スチーミングテスター TOPC
型 式TOPC-305Ⅲ
外寸法W1200 x D550 x H1010 mm
有効内寸法φ300 x D340 mm
使用圧力範囲減圧側:-0.085 MPa
圧力側: 0.196~0.510 MPa
スチーミング試験: 0.019~0.490 MPa
使用温度範囲スチーミング試験: 105~158 ℃
電 源単相 AC200V 20A / 3相 AC200V 10A
※外寸法には突起物部分の寸法までは含まれておりません。