■高加速寿命試験装置(HAST装置)
二槽式不飽和型プレッシャークッカー 
新型高精度温湿度プログラムコントローラーを搭載し、HAST装置としてより高精度な加速評価を実現。また、新型タッチパネルで外部端末と連携した遠隔操作など、よりスマートに機能や操作性を実現しました。
PC-R9 series
PC-304 / 422R9
 


[主な特長]

新型コントローラーでより進化

新型高精度温湿度プログラムコントローラー
従来のHAST装置と比べより高精度な加速評価を実現した温湿度プログラムコントローラーを搭載。操作も対話式タッチキー入力で簡単に設定できます。

遠隔操作も可能
スマートフォンやタブレットの外部端末との連携で、遠隔操作を実現。多数の装置や広い設置場所も少人数で監視・調整が可能。よりスマートに設定操作を実現。(外部端末機に専用アプリケーションソフトをダウンロードしご利用いただけます)
 


各種設定も対話式タッチキー入力で簡単

メニュー画面
モニター、トレンドグラフ、モード設定、プログラム、試験名簿登録、その他のメニューが表示。必要なキーにタッチすると画面が表示されます。 
  モニター画面
運転状態をカラーで見やすく表示、試験中の残時間の確認もできます。電源を入れた時のオープニング画面です。(圧力は標準です)
グラフ表示画面
プログラムの進行もカラーグラフでひと目で確認できます。温度・時間目盛を変更してプログラムパターンを見やすく表示。スケーリング機能付。
  モード設定画面
運転モード、実行モード、運転操作、STD/HUM 選択、排気モードの各設定画面が表示。必要なキーにタッチすると各詳細設定の画面が表示されます。
警報表示画面
装備している数々の安全装置を個別に表示。作動した警報は、作動時間と共に赤い警報の表示がされます。
  警報作動時の対策表示画面
警報作動時のその原因、対策方法を表示するメッセージ機能を装備。表示を見ながら操作することで、警報状態からの復帰ができます。

扉の開閉がボタン操作ひとつ、接続作業も楽々

電動クランプ・スライドトレー方式
扉の開閉がボタン操作ひとつで行える電動クランプ方式を採用。更に扉を手前に引き出すスライド式トレーを採用。試料の出し入れが簡単で、しかも熱い槽内で手作業による出し入れを無くし、オペレータの安全を守ります。
 
 
扉内面電圧印加端子
電圧印加端子を扉の内面に装着。バイアス試験時の試料との接続作業もチャンバーの外側で楽々行えます。
電圧印加端子を20端子標準装備。更に必要に応じオプションで80端子まで、増設可能です。


優れた性能を誇る二槽式構造

試験槽と蒸気発生槽が完全に分離独立
試験槽と蒸気発生槽が完全に分離独立した2つのチャンバーで構成された二槽式構造を採用。両方がひとつのチャンバー内に設置されている一槽式構造と比べ、
試験槽(乾球)と蒸気発生槽(湿球)との間で及ぼし合う温度影響が少なく広い有効寸法と、幅広い使用湿度範囲を実現。また、強度的に効率の良い丸型チャンバーを使用。有効エリヤを最大限に拡大、活用しています。
 

目的に応じた制御方式・排気モード選択

2つの制御方式
1.不飽和制御
結露を防止し、65~100%RHまで任意に湿度が設定できる不飽和試験 モードです。定値運転だけでなく標準装備のプログラム機能と組み合わ せ、立上がり立下がりの勾配設定、湿度制御も可能です。IEC 60068-2-66  及び C60068-2-66 で定められている試験条件を満足することができます。
  2.飽和制御
100%RHの飽和試験専用モードです。立ち上がりから100%RHを 維持し、濡れる飽和試験とも呼ばれ試料に結露が発生します。従来の飽和型プレッシャークッカーに対応した試験が可能です。
 
3つの排気モード
1.湿度維持徐冷モード
試験終了後、槽内温度100℃以下、槽内圧力「0MPa」になるまで 試験湿度を維持しながら徐冷します。急激な排気を行うことによって、試料に与える圧力ストレスや乾燥を防止。また、途中取り出しの影響を最小限に抑えた精度の高い試験が行えます。
   
2.保湿冷却モード
試験終了後、試験槽内圧力が「0MPa」になるまで排気は行わずフ ァンにより空冷をする機構を採用。圧力ストレス・乾燥を最小限に抑えながら、湿度維持徐冷に比べ短時間での冷却が可能です。 
   
3.急速排気モード
試験終了後、すぐに排気弁を開き、短時間に排気・排湯を行います。 試験終了から取り出しまで最短時間で行えます。圧力ストレスなどあまり問題としない試料に適しています。また、飽和型プレッシャークッカーとの互換性も得られます。 
   


汚れ付着防止、洗浄性に優れたチャンバー

  クリーニングモード搭載

ステンレスSUS316Lの表面に平滑化と光沢を与える電解研磨処理を施しました。耐食性の向上はもとより汚れの付着防止除去洗浄性にも優れたチャンバーです。槽内汚染の影響を最小限に抑えます。
 
  従来の定値運転・プログラム運転に加え、オートクリーニング運転が可能になりました。クリーニングモードを選択しスタートボタンONで槽内の洗浄に有効な条件でクリーニング運転を開始します。

運転記録を外部メモリへ保存

温度・湿度・圧力の運転記録をUSB等の外部メモリへ保存可能。記録計などオプションが無い場合でも運転記録を残すとこが可能です。 

希望時間に運転スタート!自動スターター

  冷却タンクで安全排水

 月日時間設定の自動スターターを標準装備。希望の終了時間に合わせてスタート時間を指定することができます。   試験終了後の熱排水は、標準装備の冷却タンクで冷却後安全に排水されます。排水用配管は、耐熱性塩ビ配管 (JISK6776)も使用可能です。


RS-485通信機能

集中監視・集中管理を実現 PC-R9シリーズのネットワーク
シリーズに通信インターフェース(RS-485)を装備。パソコンからの操作が可能です。また、最大16台までの試験器を1台のパソコンで、集中管理ができるネットワークシステムを実現。既にご利用頂いているPC-R8/R8Dシリーズでも本体のバージョンアップでもネットワーク対応となります。




管理・プログラム編集も簡単操作
試験条件の設定、試験状態の把握、試験終了日時の確認やトラブル状態の把握など、あらゆる作業が一括で行えます。また、Windowsの専用ソフトでプログラム編集をはじめとするデータ処理が簡単に行えます。 詳しくは、弊社までお問い合せください。 ※Windowsは米国マイクロソフト社の登録商標です。




※2~16台接続の場合は、機器間の通信をRS-485に変換する必要があります。詳くは弊社までお問い合せください。

Option
■通信ソフト、 ■記録計、 ■試料観察窓、 ■バスケット、 ■3段棚、 ■高抵抗測定端子(測定電線)
■電圧印加端子、 ■蒸気発生槽直接給水機構、■ポリタンク自動注水機構 など

※詳細は、別途お問い合せ下さい。
 


■主な規格・仕様
型 式 PC-304R9 PC-422R9 
外寸法(W×D×Hmm) 710x950x1620 710x950x1620 
試験槽寸法(φxDmm) 300x373 420x485 
容 量 26ℓ 67ℓ 
有効内寸法(φxDmm) 220x350 340x475 
容 量 12ℓ 40ℓ 
重量(約) 260㎏ 280㎏ 
電 源 単相AC200V 50/60 Hz 2.3kW 単相AC200V 50/60 Hz 3.0kW 
運転モード プログラム運転モード、定値運転モードの2種類 
プログラム運転 150パターン、1500ステップ(Max) 
試験モード HUM(不飽和)/STD(飽和)試験モードの2種類 
温度制御方式 PID制御・SCR駆動 
温度  使用温度範囲 105.0~151.4℃ (at 100%RH)
110.0~157.5℃ (at 85%RH)
118.0~162.5℃ (at 65%RH)
105.0~133.3℃ (at 100%RH)
110.0~140.0℃ (at 85%RH)
118.0~150.0℃ (at 65%RH)
 
温度制御精度 ±0.5℃ 
温度分布精度 ±0.5℃ (at 100%RH)
±1.0℃ (at 85%RH) 
湿度  使用湿度範囲 65~100%RH 
湿度制御精度 ±3%RH (at 85%RH) 
圧力  使用圧力範囲 0.019~0.393MPa 0.019~0.208MPa 
容器の種類 小型圧力容器構造規格 
時間  使用時間範囲 連続500時間可能 
時間設定範囲 1分~999時間59分 
排気モード EXHT MODE 選択スイッチ   モード1:温度維持徐冷モード
モード2:保温冷却モード
モード3:急速排気モード
電圧印加端子 20本(印加電圧:125V トータル30W以内) 
缶体材質 ステンレス SUS316L (電解研磨処理) 
扉開閉操作 モーター駆動、クランプ締め方式、前面扉引き出し構造 
※外寸法には突起物部分の寸法までは含まれておりません。
※性能値は周囲温度が常温、試験槽内は空状態の値です。
 




logo.HMC.HIRAYAMA   □ ホーム □ 企業案内 □ 製品紹介 □ サービス・サポート □ 展示会情報 □ 環境方針 □ 個人情報保護方針
Copyright (C) 2002 HIRAYAMA MANUFACTURING CORP. All Rights Reserved.